2017年12月18日月曜日

名物講義紹介 vol.3 身体表現ワークショップ


コミュニケーション学部の光岡です。
今日は私が担当しているトケコミの看板講義、「身体表現WS」のご紹介です。

この授業は、2コマ180分で行われる授業で、今までも音楽、演劇、パントマイム等多様なテーマで学生参加型のワークショップを行ってきました。今年度担当するに当たって、私も色々と悩んだのですが、次第に「メディアと身体」の関係を問い直すようなかたちでと思うようになって、授業を進めています。

具体的には、半期を通じて3つほどのWS内ワークショップに取り組むことで、私たちがメディアを通して何を達成しているのかを、身体で理解してみようというテーマです。そこで、今日は最初のテーマ「新しい手旗信号を作ってみよう!」を紹介します。

このアクティビティで学生が与えられたテーマは、新しいルールで手旗信号表を作成し、最終的にはグループ間でどちらがスピーディかつ正確にテレコミュニケーションが行えるかを競うものです。遠くにメッセージを届けるという作業を、私たちは日々スマートフォンを通じて行っていますが、体を使った手旗信号でも、デジタル環境におけるテレコミュニケーションでも、実はそのプロセス自体は似たような構造であることに気付かされます。

最初に取り組まなければならないことは、データを取り出すルールの作成です。20年前に全盛期を迎えていたポケベルでのメッセージも、電話の文字盤の数字で50音を表示するというルールに基づいていましたが、同様の作業を手旗でも行う必要があります。例えば、旗の位置を区別するのか、それとも旗の動きを通してある記号を表現するのかなど、選択の可能性自体は無限に広がっています。

写真1.手旗を送信する様子
 
学生たちは2グループに分かれて、それぞれの手旗のコード表を作成し、そのうえで、まずは簡単な言葉を送受信できるかを試します。この過程も興味深く、スタジオ内で2グループは交互に送受信の試験をしていたのですが、この作業の過程で断片的にコードが解読されていきます。つまり、「あ、今の動きはEnterだよね」「あれ、濁点かなあ?」のような会話です。これは、素朴に暗号の解読作業を始めているわけで、これ自体が実際に僕らの日常のデータ送受信のセキュリティを守るということの意味です。
その後も幸い天気に恵まれ、屋外での送受信トライアルも終えたうえで、1019日に課題にトライしました。各グループランダムに3つの交通標語(川柳)を渡され、その送受信の速さと正確さを競いあったのです。
 

写真2.フリック入力法(村山式)の指導

この過程では、私にも発見がありました。それは、事前には子音・母音の組み合わせをどう手旗で表現するかが頭の使いどころだと考えていたのですが、日本語を音声的に分解して記号を当てはめていくという作業よりも、日常的なメディア接触の影響が強かったのです。というのも1グループは、スマートフォンで使われているフリック入力を手旗信号へと変換していました。これは、確かに便利な方法です。というのも新しいコードを設定した場合、常に送り手と受け手がコードに基づいて手旗を解釈する必要があるのですが、フリック入力の場合には、受け手のスマートフォンに直接手旗を入力することで、文字列がスクリーン上に表示されるからです。この発想は私にも、ゲスト講師の毛原大樹氏にもなかったもので、デジタルメディアのコードに依拠してアナログ送信できるんだという気づきがありました。

このように、初回は言葉(音声情報)を手旗(視覚情報)に変換したわけですが、現在は二つ目のワークショップとして、視覚情報が奪われた身体にいかに音声で情報を伝えるかという課題に学生は取り組んでいます。





2017年12月11日月曜日

教員の新著紹介




20171218日に大岩直人さんの著書が出版されます。


 おとなのための造力開発ドリル 
「まだないもの」を思いつく24のトレニング 
(下浜太郎との共著)
インプレス

著者からの一言:世の中にクリエイティブ発想本は数多くありますが、そのほとんどは表現や伝え方のクリエイティブについて語ったものです。この本は、表現に至る手前の(あるいはその先の)モノの存在価値そのものを見つめ直すためのドリルです。メディアと表現を一体で考えられるようになるためのドリルです。


2017年12月5日火曜日

名物ゼミ紹介 vol.1 西垣ゼミ



 コミ部は、東経大4学部の中で、唯一、卒論・卒業制作が必修なので、コミ部生は2年生から自分の興味のあるゼミを選択し、教員やゼミの仲間と、授業や課外授業、時には飲み会やゼミ合宿を通して、専門的な知識や人間関係などの様々なことを学んでいきます。
コミ部にはどんなゼミがあるのか、少しずつ紹介していきます。

 まず紹介するのは、2016年度のベストティーチャー、ゼミ部門1位の西垣通先生のゼミです。西垣ゼミでは、先生が提示するトピックについて、日本語と英語のディベートを行いながら、英語力とともに様々な社会問題についての理解を深めていきます。

 
 
 ゼミでは、4週間で一つのテーマを取り上げます。1週目は日本語のディベートの準備として、自分たちの理論や想定される相手からの反論への対応などを練り、2週目は日本語でのディベートを実施。3週目と4週目は、日本語で行ったものを英語でディベートし、それに対する先生のコメントを受けて、レポートにまとめて提出するスタイルです。ディベートに際して、ゼミのグループを4つに分けますが、留学生やグローバルキャリアプログラムの学生など、英語が得意な学生を必ず1名は各グループに振り分けて、学生が協力してディベートに取り組みます。

 ゼミ生は、「時には自分の意見とは反対の意見のグループになってディベートをすることもある。最初は戸惑ったが、違う立場からのものの見方や多様な考え方を学ぶことができた。」、「とにかく英語の運用力が上がる。相手を納得させるために必要な材料や言い方を仲間と協力して考え、発表することができる。」、「社会問題に対する知識が深まるし、それに対する自分の考え方ができていく。」、「硬そうなゼミに見えるかもしれないけれど、実際はこういったディベートの準備を和気あいあいと仲間と協力して取り組んでいる」といった印象を述べています。

 今年度のトピックは以下の通りです。
 ・外国人労働者の受け入れの是非
 ・税の是非
 ・美容スポツ整形の是非
 ・死刑制度の是非
 ・スタプレの高額報酬の是非
 ・成果酬と年功序列

 この中で、今年度、学生に人気のトピックは「外国人労働者の受け入れの是非」と「成果報酬と年功序列について」でした。
 
西垣先生に、ゼミについて聞きました。

●西垣先生はどのような考えに基づいて、数ある時事問題の中からこれらのトピックを選んでいるのか?
「学生さんたちが現代社会で今後向き合うことになる大事なテーマや、いま国内外で問題になっているテーマが対象となります。ただ、興味の無いものは困るので、まず私が幾つかのテーマを候補として示し、ゼミ生が投票して、その中から人気のあるテーマを選んで討論することにしています。」

●先生からみた学生はどうですか?
「大半のゼミ生はディベートの経験が無いので、初めは発言に消極的な人が多い。でも、ネットを検索したりグループで話し合ったりしているうちに、だんだん問題意識が高まってきます。英語のディベートは日本人にはなかなか難しいのですが、日本語から英語へと段階を踏んでいくことで、やりやすくなります。英語による発言は、多少不完全でも、ともかくコミュニケートできるようになることをめざしています。場数を踏んで体で覚えなくてはならない点は、スポーツと似ているでしょう。その意味で、教える側としては、テニスのコーチングにも重なる部分があるかもしれません。」

●先生はゼミを通して、学生にどんなことを学んでいってほしいと考えていますか?
「ゼミ生には、相手を上手に説得する技術を習得するだけでなく、いろいろな社会問題について、論理的に、多角的に考える習慣をつけてほしい。そうすれば、自分だけの狭い考えにとらわれず、多様な相手の立場を理解できるようになります。とくに、欧米など外国人と日本人との思考方法や価値観の違いに、学生さんが具体的なテーマを通じて気づいてくれると嬉しいですね。21世紀はグローバリゼーションの時代なのですから。」

(文 遠藤愛)