2017年6月21日水曜日

2016年度国外研究報告〜長谷川倫子さん


2016年度国外研究報告

20164月から20173月まで、サバティカル(研究休暇)で英国のロンドンに暮らす機会に恵まれました。研究テーマが「若者文化とメディア」でもあり、1960年代における若者文化発信地の一つでもあったロンドンを研究拠点の第一候補にしました。しかしながら、先輩や海外の友人からの事前のアドバイスで繰り返し聞かされたのは、英国ならではの入国ビザ申請手続きの煩雑さに加えて、受け入れ研究機関と住宅探しの大変さでした。

確かにビザの手続きは想定通りでしたが、偶然の出会いに幸運が重なり、ロンドンのほぼ中心に位置するブルームズベリー地区にある、いわゆるSOAS(ソアス)という略称で知られているロンドン大学東洋アフリカ研究学院の日本研究所が受け入れてくださることになり、フラット探しも何とかクリアで、1年間の研究活動を終えて無事に帰国することができました。

トケコミブログ・デビューにあたり、簡単ではございますが、研究活動のベースキャンプとしてお世話になりましたSOASを、筆者なりの目線からご紹介させていただきたいと思います。

まず、所属機関の第一志望としてSOASを希望したのは、ここが英国における公立の教育機関による日本語教育のパイオニアであることを知っていたからでした。

ちなみに、筆者が滞在した2016年に、SOASは創立100周年を迎えました。西暦43年にやってきたローマ人によってつくられたシティを中心に発展し、壮大な歴史を物語る建造物や文化遺産が随所にあふれるロンドンの基準からは、「たかだかこの100年を語り伝えるもの」に過ぎないのかもしれません。それでも、貴重な共有財産を次世代やそのもっと後の人たちに残すためにはどんな努力をも惜しまない英国人の精神こそ、暮らしてみて初めて知り得たことでした。

その開学以来、日本語のクラスが開講されていた英国唯一の教育機関であったSOASでしたが、大きな転換点となったのは第二次世界大戦(19391945)でした。とりわけ19422月のシンガポール陥落をきっかけに、当時不利とされていた連合国の前に、大英帝国がその威信をかけて闘わなければならない国として日本が急浮上しました。通信の傍受、押収した書類の翻訳、捕虜の訊問など、前線で日本語を使える人材の不足は致命的で、その育成は待ったなし。いわば、日本語に精通したエキスパートの養成は国家的な急務となり、英国政府から委託されたSOASがこの役割を担うことになりました。

19425月、急遽(きゅうきょ)開設された特別日本語コースに集められた、グラマースクールのシックス・フォーマーたち(17歳。日本の高校3年生に相当)は、そのキャンパスの地名にちなみ「ダリッジ・ボーイズ」(Dulwitch Boys)と呼ばれました。日本語の特訓期間は15か月か18か月間。彼らはコース・ワークを修了すると、程なく前線に送られ重要な役割を担います。

今日のように優れた教材があるわけでもなく、すべてが試行錯誤の船出でしたが、新規採用の教員たちも、この日本語教育に国家の将来が託されていることは熟知していました。そんな中に、両国の狭間にありながら、日本人としての誇りを失うことなく英国の若者たちに日本語を教えた女性がいました。日本で出会った英国人の夫であるフランク・ダニエルズ先生と一緒に教壇に立つことになったおとめ・ダニエルズ先生でした。敵国の言語を叩き込まれた学生たちでしたが、最後には日本文化と日本人をレスペクトするまでになったと記録されていますが、熱意あふれた講師陣のなかでも、この「おとめ先生」の貢献は、はかり知れないものがあります。

戦争という英日関係史の負の部分がもたらしたSOASの日本語教育でしたが、その真価は戦後に証明されました。1942年(昭和17年)から1947年(昭和22年)までにここで学び、終戦で兵役から解放された648名のダリッジ・ボーイズは、外交、ビジネス、教育など、それぞれがその置かれた場所で日本語を活用し、戦後は両国の懸け橋となってくれたのです。

2016年の2月に、SOASでは日本語教育開始100周年を祝うシンポジウムが開催されました。SOASで日本と出会い、今は各界で活躍する各世代のOBやOGが一同に会した中でも、参加者たちを最も喜ばせてくれたのは、檀上のパネリストに加わった日本でも著名な社会学者ロナルド・ドアー先生でした。この日はまた、ダリッジ・ボーイズのお一人でもあったドアー先生の91歳のお誕生日でもあり、「女性の先生が本当に素敵だった!」と、一期生として日本語の手ほどきを受けた青春時代を回想されていました。

嬉しいことに、今日においても、SOASにはあの「おとめ先生」の精神が脈々と受け継がれています。東京で出会ったご主人とともに英国に渡り、その生涯のほとんどをSOASの日本語教育に捧げていらっしゃるある日本人の先生に食事会でお会いしました。偶然ですが、大学の先輩だったこともあり、SOAS恒例の日本語のスピーチ・コンテストでは、縁の下の力持ちとして東奔西走している先生を拝見し、また、折につけ、SOASで日本語を学ぶ学生さんたちのエピソードをお聞きできたのは何よりでした。このような方たちの日々の積み重ねがあったからこそ、100年にもわたり日本語教育の最高峰であり続けることが出来たのだと納得しながら、伝統の重みを感じずにはいられませんでした。

今この時間にも、日本が世界の人びとを魅了する磁場であり続けるよう、たくさんの「おとめ先生」が世界のどこかで活躍し、日本ファンが育ってくれていることでしょう。今は国分寺の教壇にもどった筆者ですが、SOASでの1年間を振り返りながら、トケコミの学生さんたちに少しでも海外に関心を持っていただけるよう、サバティカル前以上に研鑽を重ねようと心に誓う毎日です。

<参考文献>
大庭定男『戦中ロンドン日本語学校』(中央公論社、1988年)
Oba, Sadao translated by Anne Kaneko, The ‘Japanese’ War: London University’s WWII secret teaching programme and experts sent to help beat Japan (Routledge, 2015)

ブロガーの自己紹介:
コミュニケーション学部 長谷川倫(とも)子   
専門はメディア史ですが、トケコミでの担当は「マス・コミュニケーション論」です。帰国子女でもないし英語圏のDNAもおそらくゼロパーセント(0%)ですが、海外への憧れから続けてきた英語学習と雑学が役に立ちました。研究テーマは「若者文化とメディア」、「戦時期のプロパガンダ映画」等です。

 
     
SOASの正面玄関にて:通りからみると古めかしい外観でも、一歩足を踏み入れると、その奥にはおしゃれなインテリアに最新のネット環境も整えられている空間が迎えてくれるというのはロンドンの定番です。ここSOASでも、クラシックな建物が教育・研究活動の拠点として十二分に活用されていました。

      
SOAS創立100周年記念のバナー:夜遅くまでキャンパスは活気にあふれています。

2017年6月11日日曜日

新任教員紹介 VOL.2 新井一央さん


 私が「私になる」ために…
みなさん、こんにちは。 
新任教員としての自己紹介は、とても気恥ずかしい新井です。なぜなら、すでに8年ほど前から学習センターの委託講師として「TKUベーシック力」をはじめ各種講座を、また4年前からは現代法学部の非常勤講師としてプレゼンテーション技法基礎やコミュニケーション学部のキャリア系のワークショップを担当。「新任」とはあまりに厚かましくありませんか。とはいえ、みなさんに改まってお話しできるチャンス。よろしくお願いいたします。

 さて私の業務の中心は、2017年度より新設された「キャリアデザインプログラム」の学生へのキャリア支援です。ワークショップや面談を重ねながらの支援です。このプログラムは入学時に学部選択に迷っている、社会科学系の基礎科目を広く学びたい、自分の可能性をじっくりと見極めて進路選択をしたい、4年間継続してキャリア関連科目を受講したい、というみなさんに最高のプログラムを提供します。少人数のワークショップを通じて、仲間や私たち教員と一緒にキャリア形成の足掛かりをつくりましょう。

 ところで話は飛びますが、先日、妻に誘われて三菱一号館美術館で開催されていた「オルセーのナビ派展」に足を運び、ひと時を楽しみました。

今年3月まで芸術学部で教壇に立っていた私。でも絵画への造詣は微塵もありません。音声ガイドを頼りの初心者。そんな私が「キャリアの節目でさまよう学生の姿」とイメージが重なりふと足を止め、吸い込まれた一枚の絵画をご紹介します。

 
 (ガイドとチケットです)

1865年生まれのスイス人画家フェリックス・ヴァロットンFélix Edouard Vallotton)の「ボール」Le Ballon 1899年)という作品です。 この絵に魅せられた私は、見学コースを歩き終えたあと、ポストガードとそれを飾るためのミニチュア・イーゼルを購入。迷える学生の象徴として研究室に飾り、自分への戒めとしています。


それは白い服の少女が、無心に赤いボールを追っている絵です。少女は木々に覆われた影の切れ目にいます。ぽっかりと光がまぶしく感じられる場所。少女の後ろに広がる影。その実態である森を私たちは見ることができません。少女にもそんな森の実態も影の存在も目に入っていないはずです。目には前方に転がっていく赤いボールだけ。この絵に無邪気な可愛らしさと、危うさや迫る影を感じました。
  (購入したポストカード)

社会は若い人たちが夢(ボール)を追うことを「よし」とします。自分の「やりたいこと」(ボール)探しを勧めます。見つからないときは「自己分析」。でも夢が持てない、やりたいことが見つからない人に「自己分析」は有効でしょうか。赤いボール(夢ややりたいこと)を見つけるために森をさまようのは危険です。かりにボールを発見できても周囲への観察を怠ると、天候の急変や深く迷い込み抜け出せなくなる危険も。

 社会の変化が激しく、先の見通しが困難な現代。大切なことは、ボール探し以上に「時代を認識する目」を養い、時代のなかで私を確認することです。無心にボールだけを追いかけられるのは、誰かに見守られている幼子の特権。この絵の奥には大人二人の存在が確認できます。でも決して少女を見守っていません。社会や他者との関係から切り離され、自分の居場所に無頓着でボールを一目散に追いかける少女に、自分を見失い進路に迷う若者の姿が重なります。

 大学は学びや出会い、体験の積み重ねを通じて「時代を認識する目」を養う貴重な場所です。内なるボール探しの前に外なる社会に目を向けましょう。外との関係のなかでこそ、きっと新しい私(ボール)を発見することになります。


 

ちなみに上のバラは美術館の中庭に咲いていたバラです。社会心理学者のエーリッヒ・フロムは『よりよく生きるということ』のなかで「バラの木の目的は、バラの木のなかに潜在的可能性として備わっているすべてになるということ」と言っています。
私たちが生きる時代を捉え、みなさんのなかにある潜在的可能性として備わっているものすべてになるために、ともに学びましょう。